« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

英語でプレゼン

「楽天が社内の雑談も英語で」というニュースのヘッドラインを見て思うのだが、雑談が減って仕事の効率が上がるかもしれないな。

この会社が社内公用語を英語にするという話は昔から聞いていがた、日本人社員同士の会話でなぜに英語?と思ったものである。国内の人口は減っていき、グローバルに商機を広げざるを得ない日本の状況を考えたら、英語化もありかもしれない。

十年後、もっと早く、2-3年後には英語化にしてよかったという社長さんのドヤ顔がメディアに登場しそうでなんかいやである。

そういえば、先日は修士論文発表会だった。よそのラボの研究内容を知るのも勉強と思って聞いていたのだが、自分的には化学系よりも環境系、生物系の話のほうが理解できて面白い。化学はダメダメだ。有機化学系のラボにいるのに。まるでチンプンカンプン。

生物系でも全く理解できなかったのは、英語のスライドを使って発表している講演。日本人の聴衆が99%以上の発表会でなぜに英語のスライドなのだ。自分の話を他人に理解してほしいという気概が感じられない。

あれか、発表の内容がないので英語でごまかしているのか。そういう戦略もありだな。

そのラボの先生は普段から、研究者はみんな海外に留学するものと考えていらっしゃるようだから、英語なんだな。ラボ内のセミナーはすべて英語で行われていると聞く。でもね、それは研究室内でやってよ。少しでも自分の考えを理解してほしいなら、それに適した言語を選ばなくちゃ。

英語を母語としない留学生が自分の国の言葉ではなく、得意な英語でもなく、不得手な日本語でスライドをつくり、日本語で発表しているのを聞くと、頭が下がるのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

成績発表

今セメスターの成績発表は3月1日。病院実務実習の成績が発表されるはずである。

まてよ、自分は二期に参加したからすでに終了しているが、現在、三期の実習に参加しているクラスメイトがいる。終了は3月26日だから、3月1日に成績を発表するのは無理。

ということは、自分も彼らと一緒で、1日の発表は無理なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラブ・ケミストリー』読了

喜多喜久著、『ラブ・ケミストリー』読了。2010年の第9回『このミス』優秀賞を受賞した作品である。

先日、浪速大学付属図書館、生命科学分館で借りてきた。付属図書館の蔵書方針では、娯楽小説は基本的に買ってもらえない。ベストセラーとよばれるような本はまず無理。生命科学分館ならさらに縛りは厳しく、ライフサイエンス系以外の本は書架に皆無である。

かつて、学生購入希望図書としてマインド・マップ関係の本を買ってくれと依頼したら、生命科学分館にふさわしい本ではないとリジェクとされた。心の地図はまさに生命科学にドンぴしゃのテーマなのだが。

Dscn864201book

この本、テーマは農学部で天然物の全合成に取り組むヤングサイエンティストの恋愛話。シュナッペルが所属している研究室も有機化学系なので、「あるある」と心の中で頷きながらページをめくっていた。

さて、いくら有機合成がテーマだとはいえ、娯楽小説は浪速大学付属図書館にはそぐわない。なぜこの本が購入されたのかそのミステリーを深く考えてみた。著者の喜多喜久さんが東大大学院薬学研究科修士課程修了で、現在は大手製薬会社に勤務しているというのがその理由だな。

司書の方、よく調べている。薬学部の自分としては、ただただ敬服するばかり。

全体的に軽いストーリーなのでサクサク読める。実験の合間にもお薦めだ。豊中の学生さんでも、資料の取り寄せを依頼すれば吹田の本を豊中の本館で受け取ることができるぞ。OPACではここである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

日曜出勤

本日朝8時半、実験のため白衣を着てウロウロしていたら、学部の教授と廊下でばったり出会う。何かいけないことをしているようで後ろめたい。

日曜の早朝、普段は誰もいない時間に実験しているのだから、よっぽど研究の要領が悪いやつである。そんなところを目撃されてかなり恥ずかしい気分でもある。

それもこれも、昨日は前期入試のため、学部入構禁止だったから。いつもなら、土曜日が休みになった、ワーィと喜ぶところだが、生ものを扱っている手前、二日も放置プレイはできない。日曜にも出勤だよ、トホホ。

Dscn864101ad

受験生の皆さん、手応えはいかがだったでしょうか。4月に吹田でお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

合成できる?

Pmap

薬学部で有機化学を学んだ学生なら、この構造式を見ただけで合成ルートが思い描けるハズ。自分はさっぱり想像もつかないが。

さらには、化学系の学生なら自分のプラッテでコッソリ合成・精製できるはずだ。

絶対にやってはダメだよ。

とかなんとか、国試対策を行っていて思ったこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

実習頑張れ~!

ここ一ヶ月ばかり、千里中央からのバスで座れないことが多い。リクルートスーツに身を包んだ学生さんの集団が乗車されているので座席の数が微妙に埋まってしまうのだ。おそらくは浪速大学内のどちらかの付属病院で実習している医学系の学生さんかと思われる。

そのバスはキャンパスに7時50分ぐらいに到着するから、8時前には実習先に到着できるわけで、10分には実習を開始できる。医療系の始業時間としては格別早くもない時間帯だが、学生の自習としては早いスタート?

若い人はいいな。早朝というのにおしゃべりに余念がない。こっちは寝起きでグダーっとしているのだが、彼らの華やいだ雰囲気で元気を分けてもらえる。

間違っても実習先で知り得た話をバスの中でするなよ、と心の中で心配していたのだが、杞憂。無難な、それでいて面白い話である。

その方々、最近はバスの中でも無口。そろそろ実習の疲れも溜まってきたのだろうか。実習がいつまで続くのかはわからない。職種もわかりませんが、同じ医療系を目指す学生として心の中でエールを送らせてもらいます。

あわせて、実務実習第三期に参加されている薬学部5年生の皆さんも、頑張ってね。実習終了の暁には短い春休みが待っていますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

から揚げ定食

今日は久しぶりに薬学部食堂でお昼。から揚げ定食Sライス、370円なり。から揚げ5個は多い。最近は、最後の一個になるとゲフーだ。4個でいいからキャベツの量を増やしてくれないかなぁ。

鯨屋のから揚げ定食もムネ肉の量が半端なく多くて、最近はオーダーするのに躊躇する。それでも、鯨屋の定食は付け合せのキャベツの量も多くしかも、新鮮なので鶏肉の量が多いというデメリットを凌駕する魅力だ。

結局食べる回数では鯨屋のほうが多い。

学生生活もあと一年、順調ならば。あと何回、薬食でから揚げ定食を食べることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

TOEICの結果

先月末に受験したTOEICの結果がWebで公開されていた。

武田薬品工業にはエントリーできる点数で、昨年度末に受験したカレッジTOEIC IPと全く一緒の点数だった。どちらも無勉で受験し、同じ点数なのだから、これが自分の実力なのだろう。

問題は点数比。リスニング:リーディングの得点比が3:2。リーディングダメダメだ。ダブルパッセージがほとんどで塗り絵だったから、予想された結果ではあるのだが。

よし、ポジティブに考えよう。リーディングには伸び代があると。ここを鍛えれば、もう一つ上の境地にいけるはずだ。

頑張るぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

大工のヘンリー

ラボのお茶飲み部屋に洋菓子が。それをみたヤングは

大工のヘンリーが作ったお菓子ですか

と、素っ頓狂なことを言う。おまえなぁ、アンリ・シャルパンティエも知らんのか。お姉様に謝れ、今すぐ千里中央の阪急百貨店の地下に行ってフィナンシェとマドレーヌの詰め合わせ買ってきて、お姉様に詫びろ。などと心の中で叫んでいた。

がしかし、彼の説をよくよく聞いてみると

HENRI CHARPENTIER

は、なるほどカーペンターと読めるではないか。そうか、芦屋の洋菓子は大工のヘンリーさんが創業したのか。昔、大工の二人組が歌手として一世を風靡した事があるぐらいだから、大工が洋菓子を作っても何らおかしくはない。

ヤングよ、誤解して悪かった。心の中で謝っておくよ。ちなみに、君の彼女が作ってくれたフロランタンはめちゃくちゃ美味しかったよ。

一年で最も男性が心躍らせる14日でしたが、皆さんの戦果はいかがだったでしょうか。シュナッペルはラボの女性陣から1個チョコレートをもらいました。嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

やばい、カゼひきかけ

カゼの一歩手前かな。もう一がんばりするとバタンと逝きそうなレベル。たとえて言うなら、ジェンガで20手ぐらい進んだ後に、次はどのピースを動かしても負けるだろうという状況。

しかし、実験の都合上、1日たりとも休めない。最大休めても中一日。ラボの同僚にヘルプを頼める状況でもない。

この先一ヶ月は、体調管理に万全を期すつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばい、カゼひきかけ

カゼの一歩手前かな。もう一がんばりするとバタンと逝きそうなレベル。たとえて言うなら、ジェンガで20手ぐらい進んだ後に、次はどのピースを動かしても負けるだろうという状況。

しかし、実験の都合上、1日たりとも休めない。最大休めても中一日。ラボの同僚にヘルプを頼める状況でもない。

この先一ヶ月は、体調管理に万全を期すつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

一流の研究者は

昨日は祝日にもかかわらず大学へ。

一流の研究者は土曜でも祝日でも研究室で仕事、超一流の研究者は盆暮れ正月祝日はしっかり休んでリフレッシュ。アホな学生は実験計画がいい加減だから休みの日でも大学へ。

最後は自分のことである。

まぁそれでも、在学中には使い切れないほどの物質が手に入ったので良しとしよう。

hotel

同級生も大学に来ていた。近況を聞いてみると、就活が大変そうである、マジで。あと20年早く生まれていたら楽に就職できたのにね。会社説明会ですら足代が出ていた時代。訪問してくるOBさんはお昼をごちそうしてくれるし。

その時就職した人たちは今現在、リストラや早期退職で苦しんでいるのだろうか。

mailto

今日は久しぶりのジョギング。TOEICがあったり雨が降っていたりと、日曜のノルマを2回ほどサボっているから、10km走れるか心配だったが完走。タイムもさほど落ちていなかった。毎回走り出すまでが不安だが、完走するとプッチ達成感がえられるからジョギングはやめられない。

seven

USJの年パスを買おうとサイトで調べてみるとゴールドパス新規で\22,000-。安売り期間は終了しているみたい。ちょっとためらう金額なのでペンディング。

その代わりにiPod touchが欲しくなった。nanoの小さい液晶で映画を見るのは辛すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

清々しい朝

今朝はいつになくスッキリした頭で目が覚めた。いつもと同じコーヒーなのだがうまい。と思ってPCの時計を見ると、いつもより1時間も進んでいるではないか。

寝坊である。

普段は壁の時計の分針しか見ないから、気がつかなかった。

当然ラボインしたのも1時間遅れ。9時から仕事をしたのでは午前中にできる仕事量も限られる。午後は修論発表練習会で丸々座学。結局、予定の仕事を完遂できなかった。

タスクをひとつ放棄したわけだが、これが実験計画にどう影響するのだろう。NやSやCクラスのネタが没になったかもしれない。たった1時間の寝坊なのに。

これがバタフライ効果なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小金ゲット

アカウントを確認したら夏目漱石先生と野口英世先生がタッグを組んでご来店。年末におこなったTAの結果だ。半日でこれだから、実務時実習事前学習担当TAは…

さてこれをどうしてくれよう。久しぶりにUSJの年間パスを購入して、「HDR一日何回乗れますかギネス記録に挑戦!」を敢行しようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

行き詰まり

最近、実験の調子が悪い。

ここ一年は、以前に比べて実験でのポカミスが少なくなったように思う。それは薬局実務実習や病院実務実習を経験したから。調剤の基本はミスしないこと。間違った薬を患者さんに渡してしまったら、人の命が失われることもある。実験でミスしているようでは薬剤師として働いたときにもミスをしてしまう。そうしないためにも、学生としての実験ではあるが、普段からミス無くこなす。

そう意識するようになってから、かなり実験の失敗は減った。いまだにゼロではないが。それでも、washバッファーとelutionバッファーを間違えるような悲劇はしなくなった。

最近の不調は実験ミスじゃないんだなぁ。原因がわからない、なぜか、失敗するという現象。

こういうエピソードも推薦書では「シュナッペル君は実験が行き詰まったときにも自棄になることなくじっくりと実験に取り組み、課題を一つ一つ乗り越える忍耐力と実行力を兼ね備えていた」という歯の浮くようなフレーズに変わる。でも今回の行き詰まりは指導教官に相談できるレベルの問題でもない。

むしろボスには隠しておきたい失敗である。何とか今週中には解決したいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

目つきが悪いのかなぁ

最近、学部内で会釈される機会が多い。それ自体はとても良いことだと思う。挨拶は社会生活の基本。これは病院実務実習でも指導されたこと。廊下ですれ違っても、ニコチともしないようでは、仕事上でもすれ違いが生じるよね。

自分も講義でお世話になった先生には必ず会釈している。でも、薬学部はヒトの出入りが激しいから全く面識のない先生も多い。そういうヒトとすれ違うときは素通りかな。

面識の無いヒトなら素通りもゆるされる。

その面識のない下級生から会釈されることが最近とても多いのだ。なぜ?お世話になっている他の研究室の学生さんから会釈されるのはうなずける。こっちは意識していなくても、向こうのラボ内で姿を見られているだろうし。

でも、何年生かもわからない学生さんから会釈されるぞ。もちろんこちらも挨拶を返すのだが、きみ誰?って気持ちなのだ。

もしかして、すれ違いざまに自分が相手の顔をガン見しているからなのか。それが原因か。見ている意識はないのだが、無意識にそうなっているのかもしれない。気をつけよう。

知らないヒトとすれ違うときには、前方を見据えて、相手を見ない。これだ。目つきが悪くならないように気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

44%は酷すぎないか

今日、大学の掲示板でこれを読み、ブログの記事にするかどうか正直迷った。データというものは伝えたい人たちを想定して開示されるものである。その範囲を超えて、つまり超域、公開するのはマナー違反だろう。これをブログでやると、余計な炎上を引き起こしかねない。

かといって、裏付けとなるデータ無しに記事にしたのでは面白くない。

ところが、どこの誰かはわからないが、親切な方が写真をアップロードしてくださっていた。便利だのう、Twitterは。今日はその画像データにリンクを張り、話を進めよう。

さて本題。この追試人数は多くないか。特にAのヒト。確か学生人数は25人だから、44%が追試。

たしかに、有機化学は薬剤師として現場で働くときにあまり必要のない科目かもしれない。勉強に身が入らない気持ちもわかる。マルコフニコフだとかアルドールだとかは調剤するときに意識しないだろうし。化学系の研究室に進む薬学科学生も少ない。

でもね、悪いことは言わない、有機化学Iだけは必死に勉強した方がよい。

有機化学Iの肝(キモ)はケトンとカルボニル。ここでつまずくと、これ以降“有機”と名の付く科目は爆死必死。卒業まで苦しむことになるだろう。毎回の試験前に苦しむのか、今有機化学Iを必死に復習し、以降の化学科目を左うちわで過ごすのか、よく考えたまえ。

一見すると何が書いてあるかわからないF岡先生のプリントだが、本当に大事なことがまとめてある。先生のプリントは他の科目でも完成度高いぞ。

notes

なんてブログの記事を書くと、「相変わらず説教臭い」と苦情を受けるのだが、ついつい言っちゃうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難波先生の後援会

今日、基礎工Σホールで講演会がある。フライヤーはこちら。

「第4回基礎工学部シグマルネサンス講演会」

講演者:難波啓一氏 (1974年卒、生物工学科4期生)
現生命機能研究科 研究科長
演題:「見えないものをいかにして見るか?」
極微の世界に秘められた生命のしくみを解き明かす夢
日時:H24年2月6日(月曜日)18:00〜
場所:豊中キャンパス基礎工学部国際棟シグマホール

難波先生のお話を一度拝聴してみたいのだが、本日はラボのセミナー。どうしても抜けられない。

残念。

誰か代わりに聞いてきてほしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

国家試験は来年です

先週金曜日、マイヤーを両手に持って廊下を急いでいたら、となりのラボの教授が

あんた、実験してていいの?国家試験の勉強は?

と声をかけてくださった。「やだなぁ、先生。シュナッペルは5年生ですよ。国試は来年です」とお答えした。よく考えてみれば、おまえは今から勉強しないと受からないぞという意味だったのか。

厳しい一言である。

そんな2月3日、6年生は国試の模試だったみたい。問題内容、難易度などいろいろ知りたいところだが、ラボに薬学科の先輩がいないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

研究室希望調査

学部の掲示板に現3回生の研究室配属希望調査結果が掲示されていた。

ふむふむ、薬学科の学生さんでうちのラボを第一希望第二希望に選んでくれた人はいないのか。薬学科のシュナッペルとしてはちょっとさびしい。そもそも、薬学科には化学系が不人気のようで、分析を第二希望で選んでいる人が一人か…。

バリバリの化学合成は敬遠されるようである。

シュナッペルのようなスチャラカ学生でもやっていける唯一の化学系がうちのラボなんですけれどねぇ。

薬学科一番人気はあそこの研究室なのだが、あそこに配属されると問答無用で病院実務実習が三期になるという噂。詳しくは、先輩方によーく話を聞いてくださいね。

三期は就職活動と重なるから大変らしいっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

来セメの予定

学部の掲示板に来セメスターの授業時間割案が掲示されていた。三回生の「健康管理学」は5限目に開講予定、必修科目なのに。1限と5限に必修を持ってくるとは、教授陣も鬼畜よのう。

同じく三回生、「薬学と社会に加え、「環境安全学」も薬学科必修」(薬科学科選択)になっている。履修してみた立場としては、「薬学と社会」は必修でもよいかもしれない。実際に講義を聞かないと得られない知識というものがあるからね。環境安全学はどうだろう。スタンダード薬学シリーズの『健康と環境』で自習すれば国家対策は十分。必修にする意味は微妙なところ。

それ以上に疑問なのは「放射化学」が薬学科必修に指定されていること。今期の試験結果の掲示を見ても、「放射化学」の受験生は7名ほどだった。それだけ需要のない科目を必修指定。いや、逆に考えると、学んでほしいのに7人しか受講生がいないから必修指定なのか。

放射性物質や放射性医薬品に関しても薬剤師国家試験に出題されることを考えれば必須指定もありだが、ぶっちゃけ過去問をやりこめば学べるSBOである。必須指定は必要ないと断言できるだろう。

さて、三回生はさておき、6回に上がる自分の時間割。集中講義が5コマ開講され、その中の3コマを取らなければならない。選択必修だから。「薬事法規」と「日本薬局方概論」も受講したほうがよいだろうなぁ。

大学院と合同で講義が行われる各種の特論はどうしようか。薬学科の6回生のみんさん、特論はどうする?ラボで開講している特論だけ受講するとかかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

まだまだいける、ハズ

56歳のラサール石井さんが再婚されたそうです。なんと、お相手は薬学部に在籍する現役大学生、24歳。まさか、浪速大学生?まさか同級生?

年の差32歳というから、まだまだシュナッペルもいけるやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »