« 写真撮影 | トップページ | 昔の自分 »

2012年5月29日 (火)

ワニ博士は男の子

吹田キャンパスで暮らしていると、豊中キャンパスの事情に疎くなる。今日、たまたまボールペンを買いに入った豊中の生協で、ワニ博士を発見した。

しかも、大!

Dscn906401wani

ワニ博士についてはたびたびこのブログでも紹介したが、今回のワニ博士は大サイズ。今までは非売品とばかり思っていたこのサイズが、豊中の生協で販売されている。

なぜ、吹田の生協には置いてないのか。豊中キャンパスでの講義を受講していなかったら、販売に気がつかず卒業してしまうところだった。

ディテールを見てみよう。サイズは高さ約60cm。過去の特大ワニ博士は腹に実践センターのロゴが縫い込まれていたが、今回のワニ博士はブレザー着用。胸の合わせから考えて、男の子である。この服がまた可愛い。作りもしっかりしている。ネクタイ着用で男前。

Dscn906803wani

顔をアップにしてみれば、お目々がぱっちりしていて可愛いね。

気になるのはそのお値段。

Dscn906702wani

一万六千円。ワニ博士の目のように目玉が飛び出る値段だが、その大きさから考えれば妥当な値段だろうか。ただし、あのブレザーのような衣類は含まれない。生協の方に聞いたところ、相談すれば特注で服も作ってもらえるという。おおよそのお値段は3-4万円とのこと。

ひぇー。

おなかに刺繍をすることも可能だとか。作成会社と相談してまずは見積もりから。“ドクター・シュナッペル”とでも縫い込んでもらおうか。

目の飛び出る値段だが、今月から2,000円ずつ貯めよう。来年頭には購入できるな。

100日連続ブログ更新挑戦中。31日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

|

« 写真撮影 | トップページ | 昔の自分 »

浪速大学紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/54831198

この記事へのトラックバック一覧です: ワニ博士は男の子:

« 写真撮影 | トップページ | 昔の自分 »