« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

飲み会でした

今日はラボで飲み会。飲み放題なのにジュースをオーダーする自制した自分にびっくり。

普段は腰を据えて話すことのない方のお話を聞くことができた。有意義な時間。

100日連続ブログ更新挑戦中。63日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

6年間の最後か?

午前中は実験フニフニ。今週月曜から仕掛けた実験、数ヶ月ぶりだったが順調に進んでるやん、とおもった今日は地雷を踏んだ。

ほんと、実験はどこに落とし穴が隠されているかわからない。

昼休みに指導教官と面談。いろいろと面白いお話を聞かせていただいた。

3限は日本薬局方概論。

4限は臨床薬学特論I。今日が最後の講義。症例検討のPBLでパワポを使った発表を行った。6回生ともなると手慣れたもので、初回の顔合わせでだいたいの役割分担を決めれば、後はメールのやりとりでプロダクトが完成する。

おっと、今回のグループ学習は6年間の大学生活で最後のそれか。そう思うと感慨ひとしお。目からなぜか汗が流れてくる。同じグループになったメンバー、共通教育で同じ講義を受講していたなぁとか、モノレールの柴原駅前で紫外線測定していなかった?とか、今回たまたま一緒のグループになった人の他にも、クラスみんなに思い出があるわけですよ。

臨床薬学特論Iは最後だったが、特論IVの講義はもうしばらく続くし、薬事法規や日本薬局方概論の講義でも机を同じくすることもある。でも、クラス全員が同じ講義を受講しているわけではない。そして、同じ講義を受講している時間は確実に減っていく。

それを考えると、6年間という長かったようで、あ~~~~っつという瞬間だった時間がいとおしく思えるのだ。

100日連続ブログ更新挑戦中。62日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

三回生から研究室配属だと!

今日はちょっとぬるい1日だった。

1限開始は8:50分。8時から作業を開始しても、それまでに終わらない。これは確信犯的遅刻かと諦めかけていたが、気がつけば、今日は2限からだった。

その2限は応用環境微生物学特別講義。グループに分かれPBLでプロダクトを作る講義だ。この講義はもう重荷でしかないので、グループに入らない宣言をして単位放棄しよう。そう心に誓って講義室に臨んだのだが、気がつけばしっかりグループに割り当てられていた。

しかも4人グループ。6人、5人、5人、4人の4グループの中では最小。1人抜けたら3人。いまさら辞めます宣言は無理っぽい。どうしたものか。

3限は薬事法規の最終回。14日後に試験である。国試の過去問をやればOKという噂。先生、信じていますよ。

twitterの情報では、この秋から現3回生が研究室配属されるらしい。希望者だけだが。来年4月からは現2回生が研究室配属されるらしい。希望者だけらしいが。

詳細がわからないのでコメントできない。3回生よ、説明された詳しい内容を教えてくれないか。そのかわりにホワイトとブラックについて語るよ。

100日連続ブログ更新挑戦中。61日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

できるだけパソコン、ワープロで

レポートの束縛条件に

できるだけパソコン、ワープロで

とあったのだが、よく考えると面白い条件だ。“パソコンという機械”または“ワープロという機械”という意味だろうか。いまどき後者を使う大学生はほとんどいないだろう。

“パソコンのワープロ”を使うことなのだろうか。それなら

ワープロで

で意味が通じる。数年前に苦しめられた学生実験のようにパソコンで下書きは作るけれど手書きで提出したように、印刷物を模写した物でも受け付けてもらえるだろうか。

おそらくは視認性を考え、手書きではなく印刷した文字で提出してくださいということなのだろう。それだったら1,200字ほどの内容を活版印刷で作成し提出してみようか。いまどき活字をそろえている印刷所を探すほうが難しそうだから、無理な話ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講義ベクトルの向きと長さが間違っているような…

本日1限は毒性学特論。8時50分開始なのだが、その前に実験を1工程終えることができて良かった良かった。

さて、講義のほうはというと、PBLをやるらしい。しかも、PBLに関するレポートと別課題のレポートと、60分間のテストも控えている。

もう一度言います。たった1単位のために

  1. 8回の出席
  2. PBLでグループごとにプロダクト作成とプレゼン
  3. PBLに関したレポート
  4. PBLとは別課題のレポート
  5. PBLに関して教員とグループディスカッション
  6. 60分の試験

である。1番は当然ではあるが、それ以外の負荷がてんこ盛り。1単位にしては割に合わない。この単位はブッチしようかと思ったのだが、講義室に行ってみればすでにPBLの班分けが完了している。いまさらフケにくい状況だ。

シュナッペルは卒業要件にかからない単位なのでテンションはゆるゆるなのだが、受講している院生にしてみれば必修単位なのかもしれない。

今回はサポートに回ろう前面には出ないでおこう、人の褌で単位をゲットできたらラッキーと考えていた。駄菓子菓子、ディスカッションもあまり盛り上がらなかったので、グループ内に適当に仕事の分担を割り振って切り上げてきたのだがそれでよかったのだろうか。

100日連続ブログ更新挑戦中。60日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

雑用

午前中は豊中キャンパスで知的財産法1を受講。

吹田キャンパスへ移動する再履バスの中では爆睡。

生協で『TOEIC公式問題集vol5』を購入。

Educational TestingS: TOEICテスト新公式問題集 Vol.5

Educational TestingS: TOEICテスト新公式問題集 Vol.5

ラボインして実験などフニフニ。今日は雑用をこなす時間が多かった。在庫僅少の消耗品を発注したり、発注したり、納品を受け取ったり。

自分はポスドク、博士課程、修士課程、学部生というヒエラルキーの最下層にいるから雑用は率先してやらないと。逆に言えば、階級が上の人は雑用をやってはダメダ。雑用に労力を吸い取られているようでは実験結果は出せない。自らに課せられたラボのデューティーをサボってまで実験するようでなければ結果は出せない。

とくにポスドクの人なんかは、サッサと論文を書いてサッサとパーマネントのポジションをゲットするために他所に出て行かなければならないのだから、くだらない仕事をする暇など無い。自分のやりたいことだけやっていればいいのです。

自分は上の課程に行く予定はないんで、雑用はどーんと引き受けますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全メガネの話

学部で基礎実習、いわゆる学生実験を行ったのは3回生の時だから、3年も前のことか。はるか昔のことなので記憶が定かではないが、基礎実習の化学実験では全員保護メガネ着用だったような気がする。

どこかの薬学部のプロモーションビデオを見ると、安全メガネなしで化学実験することもあるんだな。加熱したりもしているようだし、大丈夫なのかな。おそらく、危険な反応は仕掛けていないという教官の判断なのだろう。

現在所属しているラボはバリバリの化学系なので、保護メガネなしで実験エリアをうろつくのは不安を感じる。だれがどんな反応を行っているかわからない。どこに危険が潜んでいるかわからない。化学実験では最初に安全メガネ。そういう感覚が身についているから、このビデオには違和感を感じるのだ。

自分の身は自分で守らなければならないけれど、その方法を知らない人にはきちんと教えてあげないと。

2012--Jun-26にYouTubeにあったビデオをもとに記事を書いています。

100日連続ブログ更新挑戦中。59日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

就活キックオフ

数ヶ月前にも「就活キックオフ」というタイトルで記事を書いたような気がするけれど、まあいいか。

今日は、某病院の薬剤部研修生の過去問をコピーした。問題は回収されるようで、先輩方が記憶を頼りに書き起こした資料である。それを他所の研究室から借りてきて、生協でコピー。

むむ、結構出題範囲が広いぞ。マジで研修生に合格しようと思ったら、一ヶ月間は実験そっちのけで勉強せにゃらなぬ。

それってありなのか?

100日連続ブログ更新挑戦中。58日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

釣り講習会

6月23日、大学学生部と体育会釣部主催の釣り講習会に参加してきた。当初予定では和歌山北港魚釣り公園で釣りの予定だったが、台風4号の影響でここは閉鎖、もう少し南に下ったポルトヨーロッパ内にある海釣り公園へと場所が変更になった。

Dscn908205fishing

ポルトヨーロッパは黒潮市場や遊園地、温泉施設、ホテルなどがそろった複合娯楽施設。一度行きたいと思っていた場所である。

Dscn906901fishing

釣りは岸壁から。仕掛けはサビキ釣りである。狙うはアジ、サバ、イワシ。海は穏やかで、2、3日前までの雨も上がり釣りには楽しい天候なのだが、釣果はさっぱりである。自分は鯖のような魚を一匹釣っただけ。最高に釣っていた人でも7匹。半数以上の人はボーズだった。

Dscn907904fishing_2

魚籠の酸素が欠乏して魚が死後硬直しているが、大きい方が自分の釣った唯一の獲物。

それがなぜか、家に帰ってみたら、小さなアジに変わっていた。もう、小さすぎて調理するのも面倒だから、毎朝通学途中に見かける黒ブチの野良猫にあげた。これで命の環がつながった。

さて、来年釣り講習に参加する人にアドバイス。例年人気のイベントらしく、先着約40名の募集枠は募集当日に埋まるらしい。参加者の話を聞くところ、当日昼にはキャンセル待ちに回されたとのこと。研究室のイベントとして10人程度で参加しているグループもあった。

KOANの掲示板をこまめにチェックして、講習会実施要項のアナウンスを見逃さないことである。

釣り用具は釣り部の方々が用意してくださるので心配無用。大名気分で釣りができる。感謝感謝。クーラーボックスは自前で用意。生物系のラボならクーラーボックスに氷をいれて持って行けばよい。

釣り公園には食堂施設もあるが、昼食は自分で用意したほうが良さそう。晴天の場合には飲料水も忘れずに。と言っても、今回の釣り公園では自販機が設置されていたのでその心配は無用。自分はクーラーボックスにお茶と水とコーヒーのペットボトルを入れて持って行った。参加者の皆さんに振る舞ったのだが、あんまり売れなかった。若人はコーラやカルピスなどの甘い飲料水のほうが良いみたいです。

Dscn907502fishing

写真は別の参加者がつり上げたガシラ。背ビレのとげには毒がありますが、身は食べられるそうです。

100日連続ブログ更新挑戦中。57日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

釣り講習

今日は大学学生部主催の釣り講習会に参加し、和歌山マリーナシティに行ってきました。
面白いほど、釣れません。釣果は鯵一匹。トホホのホ。
さあ、これで息抜きは終了。8月頭の第1セメスター終了までラストスパートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

滑り込み更新

22日分のブログ更新を忘れるところでした。
滑り込みで携帯より記事を投稿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

2限は応用環境生物学特別講義、これは切りそうな予感。

ランチを挟んで3限りは薬事法規。7月の期末試験は薬剤師国家試験の過去問をヤリ込んでおけば大丈夫という講師の先生のお話。先生、優しい。何年分やればよいですかという質問をしてくれたクラスメイトがいたが、先生も返答に困っておられた。だいたい7年分やれば話がほぼ一周するよ。

3限は臨床薬学特論II。臨床試験の話です。

講義終了後、生ものの世話。今日は眠っている奴らに活を入れてやった。

そして、くじら屋で満腹定食。この定食はライス少なめ、野菜多め。ヘルシーである。味も良いと思うよ。

6、7限はメディア技法と表現リテラシー。オムニバス形式の講義だが、今日のテーマは演劇。オリザ先生の講義である。いろいろと面白いお話を聞けたのだが、それはボチボチとブログに書いていこう。

木曜日は一週間で一番ハードだ。

100日連続ブログ更新挑戦中。54日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

大阪マラソン、当選!

大阪マラソン2012、当選しました。約5倍という難関をくぐり抜け、初めてのエントリーで当選です。嬉しい。

今日のお昼、当選のメールが来ていました。

11月23日は農神祭で薬剤師国家試験合格祈願、25日は大阪マラソン、月が変わって12月頭は卒業研究発表会。イベントが重なってバタバタしますが、大学生活最後の年、思いで作りに、またひとつイベントが追加されました。

100日連続ブログ更新挑戦中。53日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

台風

皆さん、台風4号の被害はいかがだったでしょうか。

浪速大学のレギュレーションでは豊中市、吹田市、茨木市または箕面市に暴風警報が発令されると休講になる。今朝は兵庫県、京都府に暴風警報が発令されているにもかかわらず、大阪府には無し。

そんなわけで2限の知的財産法1は平常運転であった。変わったことと言えば、湿度が高かったことぐらい。レジュメのプリントが講義中にドンドン湿気っていくのがわかる。

じめじめである。

12時台に一番雨が激しかった。再履バスを待つ間も体中が湿気っていく。

薬学部に到着してみれば、暴風警報が発令されたので3限以降は休講という掲示。12時過ぎに発令されたようである。そのわりには穏やかな風。東を向けば雲は左に、西を向いても雲は左に流れている。もしかして、台風の目の中?

心配なので今日はいつもより1時間以上早めに下校。通学電車も明るい時間の割には混んでいたから、多くの会社で早退が認められたのかな。

普段より数時間多く国試対策の勉強をすることができた。台風様々である。

100日連続ブログ更新挑戦中。52日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

就活

冷蔵庫を買い換えて一ヶ月ほどが過ぎた。今日、電気料金のメーター検針結果がポストに入っていたのだが、なんと、前年比-22.5%。

関西のすべての家庭に冷蔵庫とクーラーの買い換え補助を行ったら、原発無しでもやっていけるんじゃないかな。

eyeglass

今日は実験の合間に就活。といっても、ネットで求人情報をチェックしたり、学部に送られてきた求人ファイルを閲覧しただけなのだが。うーん、自治体の募集は年齢制限があるから嫌いだ。

若さという最大の武器がない。辛い。

100日連続ブログ更新挑戦中。51日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

11kmラン

そろそろ大阪マラソンの抽選結果が発表される日も近づきました。20日以降にメールで通知ということですから、ワクワクですね。

今日はいつもの周回コースを4周、11kmほど走ってきました。近くの沼から抜け出した4cmほどの子亀が道ばたでひからびていました。大きな親亀は車にひかれていました。かわいそうですね。

自分も交通事故には気をつけてランしないと。

100日連続ブログ更新挑戦中。50日目。

マラソンなら折り返し地点です。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

家のみ

土曜ということで家飲みしていたら、センチな気分になってしまった。来年の今頃は大阪にいるんかなぁ。

どこで薬剤師しているんだろう。

100日連続ブログ更新挑戦中。49日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

ハッピー

今日のお昼は薬食で定食。ヒレカツとイカフライのセット。美味しい~。その後に嬉しい出来事も。

金曜日はヘトヘトのハズだが、プッチハッピーで明日土曜日も頑張って実験できる。

100日連続ブログ更新挑戦中。48日目。

昨日一昨日の記事で、連続更新日数が間違っていました。この記事は正しく48日目に。教えてくださったnisangar さん、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

医薬情報解析学特論

医薬情報解析学特論 1単位 選択

大学院の講義、情報・計量薬学特別講義と同時開講。最近は講義の科目名もころころ変わるから、今の4回生、3回生がこの講義を受ける頃には別の名前になっているかもしれない。

担当のTKG先生のお話が聞きたくて受講。いわばブランド買い。TKG先生の講義は話の幅がとても広い。先生が多方面にアンテナを張り巡らせいろんなことを勉強されているからなのか、そのアウトプットがお上手なのか、自分の知識が無さすぎるのか、おそらくそのすべてなのだろうが、TKG先生の講義は「こんな話もあるのか」とサイエンス的好奇心が満たされる講義だ。

初回の話は地球温暖化の話。そもそも、地球は温暖化しているのか。もしそうだとしたら人為的なのか。もしそうだとしたら二酸化炭素が原因なのか。もしそうだとしたら二酸化炭素の排出をどの程度抑えるべきなのか。

たしかに、最初の設問から考える必要がある。産業革命以降の地球の温度と二酸化炭素濃度のグラフを重ねて示されると、3番目までの疑問までは疑いもなくYesと言ってしまう。まずはそこから疑ってかからないと。

二回目以降の講義では情報解析学的にその問題を深く掘り下げるのだろう。次回以降が楽しみな講義だが、講義最終にヘビーなレポート課題だけはご勘弁願いたい。

100日連続ブログ更新挑戦中。46日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

毒性学特論

実験の合間に付属病院内の郵便局へ封筒を投函しに行く。郵便局の隣にある先週土曜日に開業したSabwayがなかなかの盛況。

ラボに戻ってみると、茶飲み部屋のセンターテーブルにSabwayの商品が十数個。ラボのメンバーはかなり流行に敏感なようである。

毒性学特論 1単位 選択

大学院向けの毒性学特別講義との同時開講。今日は全8回の講義のイントロ的内容だった。それによれば、この講義は3年次に開講された毒性学のサブセットであろう。外部講師の講演会が3回、テストが1回、PBL関係が3回予定されている。

外部講師の講演は専門的な話が聞けそうだから楽しみではあるのだが、PBLは正直面倒だな。そのためのグループ分けは次々回に行われるから、それまでに受講を継続するかフケるか決断しなければ。

もちろん、グループ分け後に敵前逃亡という選択肢もある。かなり迷惑な話である。グループ連盟でレポートをひとつ出すという話だったから、他のメンバーに乗るというのも手だ。

PBLには参加しないが、外来講師の講演だけ聴くというのも失礼な話し出しなぁ。

100日連続ブログ更新挑戦中。45日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

おいしいカレーの作り方

感染症のレポート作成が思いのほか手間である。課題では評価基準が示されていて

  • 課題で示された質問に答えているか 10点
  • 授業内容の理解 10点
  • 自身のリサーチ内容 20点
  • 引用(引用・参照が適切にされているか) 10点
  • 体裁(誤字脱字がないか) 5点

である。出席点は45点分あり、自分は皆勤なのであと15点とればC判定で単位はゲットできる。評価基準の引用と体裁さえ満たせばOKだ。ということはレポートの内容は「おいしいカレーの作り方」を書いてもよいということ。

カレーは自分の専門外だから、こっちのテーマの方が難しいか。

誤字脱字は目を皿のようにしてチェックすればゼロにできる。5点ゲット。引用文献にしたところで、OPACで検索すると実在する書籍だが先生は容易に手にできない資料を引用すれば、引用内容、引用ページを確認するすべがないから10点ゲットできるだろう。引用の体裁だけ満たせばよい。全く関係のない本を引用しても、引用ページが適当でもバレない。

これではねつ造か。データのねつ造ではないが、悪意満々である。

ボーダーを超えるかどうか悩むところ、って、ヲィ。

100日連続ブログ更新挑戦中。45日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

生物物理化学

生物物理化学 1単位 選択

大学院の高分子化学特別講義と合同開講。第2講義室は長机が3列10行ほどあるのだが、教室に入ってビックリ。後から3行に受講生が集中している。そんな自分も最後列に座ったのだが、先生が遠い。

まずは講義全体のイントロのために理研が作成したセントラルドグマに関するビデオを鑑賞。15分ほどのCG作品だが、お金がかかってます。おそらく大金でしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=DB0gnar0Ndw&feature=relmfu

昨年は「二位ではダメなんですか」という流行語ができた。2位でだめなことは万年野党だった民主党が一番良くわかっているだろうに、与党になった瞬間にそれを忘れるとは笑止。

このような質問が飛び出す理由は、科学業界が国民からの税金を使っているにもかかわらず説明責任を果たしていなかったからである。業界誌に研究成果を発表して十分だった時代は終わっている。自分たちが何をやっているのかを国民にわかりやすく説明必要があるし、それが前述のビデオなのだ。

それにしても、理研が大金を払ってセントラルドグマという基本的な内用を説明する必要があるのかというと疑問ではある。

さて、話が逸れてしまったが、本日の講義内容。X線結晶構造解析の話。ロザリンド・フランクリンが撮影したNatureの解説写真がパワポで示された。懐かしい。初めての学部3年生の時に読んだ論文だ。でもその時はほとんど内用を理解していなかったことに今日気づかされた。回折のスポット、n=4の位置が抜けている。当時はそんなことに気がつかなかった。当時は何を読んでいたのかという話。そしてその理由を今日知って目からウロコ。

いまさら生物物理の講義を聴く必要があるのかと、講義途中は疑問に思ったが、90分座っていれば何か一つは得る物があるという教訓である。

100日連続ブログ更新挑戦中。44日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

Cで十分

最近、ネットのポータルサイトのトップページで菊池桃子さんの名前をよく見かけるのだが、気のせいか?

drama

感染症のレポートに苦労している。テーマはAIDS。6回生になって、今更AIDSについてのレポート。卒業要件にもかからないから、単位は不要と言えばそれまで。しかし、出席した限りは何らかの証が欲しいもの。

Cで十分です。単位が取れればそれで十分です、先生。

AやSを狙わない講義は初めてだ。

日曜にレポート作成しようと思い資料を家に持ち帰ったが、結局何もできずサザエさんが終了してしまった。トホホ。

100日連続ブログ更新挑戦中。43日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

地下鉄開業

今日は浪速大学医学部付属病院内にSubwayが開業したようです。さっそくお昼に食べてみようかと思いましたが、今日はお弁当持参でした。

残念。

近いうちに行ってみようと思います。ローソンに郵便局、スタバにサブウェイと付属病院は意外に便利。患者さんが治療に行かれる場所ですから学生がホイホイ入って良いところではないのですが、ついつい用足しに行ってしまいます。

100日連続ブログ更新挑戦中。42日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

最後の手紙

1限は緩和医療の特論。今日はその最終回でまとめ的な内用。今日もヘビーな演習だったぜ。リード文がパワポで示される。

「これも、他人事、これも、他人事」

先生の仰るとおりである。大学の講義室で例文を示されても、生死についてそのリアルな状況を想像することは難しい。そこで、

自分が最後の時に最愛のヒトにむけて残す手紙を書いてください20分で。

という例題が与えられた。これはきつい。20分で起草して、書いて、推敲するのか。それは無理でしょう。とわかった瞬間に作戦を変更するのは心の汚れた人間のすること。

まさか、20分後に書いた手紙をみんなの前で発表するのか。さすがにそれはないよな。プライベートな内容もあるだろうし、さすがにそれを授業ではやらないだろう。この演習が単位の成績評価に加味されることも考えにくい。せいぜい、今日書いた最後の手紙が来年の講義でネタに使われるぐらいか。

それなら最愛の人に書く必要もあるまい。ということで、最愛ではない3歳の息子にあてた最後の手紙を書いてみた。

loveletter

息子君へ

サッカーボールを けるときは、ボールが あしに あたるまで ぼーるを みること。

ようちえんで すきといってくれた おともだちの なまえを おぼえて おくこと。

いもうとちゃんと てをつないで あげなさい。

お母さんのお手伝いをしてください。

バットでボールを打つ時は、バットとボールが当たる瞬間までボールを見ること

いじめられている同級生は助けてあげなさい。

お母さんにお願いして楽器を買ってもらいなさい。上手になるまで練習すること。

妹の友だちと仲良くしなさい。

なにかスポーツをしなさい。

花の名前を覚えなさい。

初めてのときは必ずコンドームをつけなさい。

結婚相手のニーズを把握しなさい。

20歳を過ぎたら、毎日ひげをそりなさい。剃刀は上下に動かすこと。左右に動かさない。

お酒はほどほどにしなさい。

タバコは吸わないように。

おじいちゃんおばあちゃんの話し相手になってください。

料理ができるようになりなさい。

自分でお金を稼ぐようになりなさい。

一人暮らしを始めたら、少なくとも一年に一回はお母さんに顔を見せてください。

30歳を過ぎたら人に与えなさい。

ヤドカリは飼わないように。

信念を持って生きなさい。

常に他人への感謝を忘れないように。

後悔してもよいから、それを引きずらないこと。

猫よりも犬を飼いなさい。

妻になってくれた人を大切にしなさい。

子供に見せられる背中を持ちなさい。

君の成長を見届けられなかったお父さんを許してください。

cherryblossom

シュナッペルの最後の手紙はこれです。ちょっとふざけすぎで先生に怒られるかもしれない。

100日連続ブログ更新挑戦中。41日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

iPadで?

今日中に記事を書くには、簡潔でなくてはならない。

5,6限はメディア技法を表現リテラシーの講義。本日のお題は自分の自分のキャッチコピーを考える。これはこれでためになったのだが、話が長くなるのでまた今度。

それよりなにより衝撃的だったのは、あまりコンピュータに詳しくない、この講義を受講している知り合いがiPadを購入していたこと。うらやまし。でも、宝の持ち腐れじゃないか?Wi-Fiの設定に困っていたから、助けてあげたよ。俺っていい人。

さらにびっくりしたのは、講師の先生がiPadを使って講義されていたことだ。自分は黒板を使った講義が好きな学生。パワポを読み上げるだけの講義は眠くなるからあまり好きじゃない。

パワポどころか、iPadとは。デバイスがお手軽だと、講義の中身が軽く見える印象がある。堂なんだろう。

本日の講義はそんなことはなく、目から鱗がでるほどためになったから良いけれど。

100日連続ブログ更新挑戦中。40日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

2012年6月6日

金星の日面通過もばっちり視認できました。明け方は分厚い雲が心配でしたが、日中は汗ばむほどの陽気。太陽メガネをかけて天を仰げば、顔が焼ける暑さ。もう夏ですね。

今日の天体ショー、思っていたよりもショボーというのが正直なところ。まるで、タンパク質1分子を蛍光色素1分子で標識し、水溶液中で実時間観察したぐらいの地味さです。目をこらさないとどこが金星なのかよくわかりません。8時台や13時直前、金星が太陽の縁にあるときには、その存在を確信できるのですが、太陽中央に近いときにはあまりよくわかりませんでした。

かといって長い時間凝視するのは目に悪いですし。

今日のポイントは天体ショーそのものよりも、2012年6月6日、21世紀最後のイベントの日に、どこで誰と何をやっていたかという事でしょう。9.11は一人暮らし中、@FreeDでインターネットに接続し状況を追っていました。3.11はラボで実験していました。今日の金星の日面通過はどういう状況が記憶に残るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金星の太陽面通過

無くなったと騒いでいた日食グラスは通学鞄の底から見つかった。一安心。

ではあるが、今朝の空は分厚い雲に覆われている。金星の太陽面通過は観察できるのか?

金環食とは違い、7時10分頃から13時47分頃までと6時間以上にわたってイベントが続くから、その間一瞬でも雲の切れ間に太陽がのぞけばよいが。

100日連続ブログ更新挑戦中。39日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

私語全くなし

千里中央からモノレールで豊中キャンパスへ。8時の開館を待ち、総合図書館でコソ勉を2時間。

2限は法学部棟で知的財産法1を受講。法学部棟と言って良いのか?最近は豊中キャンパスにもポコポコビルが建ち、何がなにやらわからない。DonDonのとなりの建物である。

WandaiWalkerの2012年5月号、「学部のホンネ!教えます。」という記事で法学部が紹介されている。国際公共政策学科四回生、元林さんの評価では「私語が少ない」とのこと。

これは自分もそう思う。今まで8回ほど講義を聴いてきたが、私語が全くなかった。講義中はしわぶきひとつ聞こえない。それどころか、講義始まる前の休み時間にも学生間の会話が皆無である。法学部の学生さんは仲が悪いのか?

薬学部薬学科は一学年25人しか学生がいないからみんな仲良し。法学科は人数が多いから、同じ学年でも名前を知らずに卒業してしまうのかな。

講義終了後は再履バスで吹田キャンパスへ。この時間はモノレールが停電のため運行停止していたらしいが、バスの中では爆睡していたので確認できず。

ラボインしてから生ものの世話。半日しか実験していないが、へとへとである。

100日連続ブログ更新挑戦中。38日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

日食グラス

先月5月21日は日食だったワケだが、もう2週間が経ってしまったのか。速すぎ。

そして明後日6月6日は金星の日面通過。あれ、先月使った太陽メガネが無い。どこを探してもない。どんよりした気分だ。明日の朝までに見つからなければ、夕方に千中の文房具屋を探さなければならない。

suneyeglass

今日はラボで文献紹介。朝からレジュメを作成。論文自体は先週の土曜日に読了してあった。図の大まかなレイアウトも考えてあった。その続きを日曜にやろうと思ったのだが、そりゃ無理だよね。

午前中いっぱいかかってレジュメ完成&印刷、ホチキス止め。昼食後には発声練習。

今回の文献紹介はワリカシまともな論文を選んだので、発表も難なく終了。

やれやれ。

100日連続ブログ更新挑戦中。37日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

暑いよ

今日は午後3時頃から11kmほどラン。

暑すぎ。脱水症状になりかけた。それが原因か、ラスト3kmほどはバテバテ。記録も先週より悪くなったし。

それにしても、大阪マラソンの抽選結果楽しみ。

100日連続ブログ更新挑戦中。36日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

節電対策

2週間前に購入した冷蔵庫。ガンガンに冷やしてくれています。氷の自動生産も完璧。最近はその氷とコーヒーを魔法瓶に大学に持って行っています。

10年以上使った冷蔵庫よりは消費電力も下がっているはず。今年の電気代が楽しみです。

ウヒヒィィ~。

大学の節電対策はと言えば、ウォシュレットの電源が抜かれていました。そもそも、大学にかのような装置が必要かという疑問もありますが、ウォシュレットの電源を切ったところで節電の効果はいかほど?便座のヒーターを24時間ONにするのは問題外ですが、電動ポンプを必要時にのみ使う程度の電気量はたかがしれているはず。それよりも、年式の古いラボのエアコンを費用補助をつけて更新するとか、サンプル用冷蔵庫のヘチッたパッキンを交換し保冷能力を上げるだとか、実験用の製氷機のエアフィルターを掃除するほうが節電効果は大きいと思うのですが。

まぁ、自分はウォシュレットを使わないから良いけれど。

100日連続ブログ更新挑戦中。35日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

涙が止まらない

1限は臨床薬学特論I。講義開始の8時50分に受講者の30%程度しか集まらないというのはいかがなものか。かくいう自分も49分50秒に滑り込むのだが。ちょっと先生に失礼。

この講義は緩和医療についての特論である。緩和医療というと痛みを和らげる医療、亡くなる直前のターミナルケアと思いがちだがそうではない。癌性疼痛の緩和を含め、抗がん剤治療に伴う副作用の緩和など体の様々な痛みや薬の副作用を軽減する医療である。

体の不快な状況が緩和医療により軽減されれば、患者さんの様々な負担も軽くなり再度生きる気力も湧いてくる。何かに取り組もうとする気力が戻ってくる。抗がん剤の副作用が他の薬剤により軽減されれば、もう一度がんと向き合ってみようかという気にもなれる。

必ずしも死を前提にした医療ではない。

さらに、ここでいう“痛み”は身体的な痛みだけではない。そこに心の痛み、精神の痛み、社会的な痛みを加え、全人的な痛みの緩和を目指すのが緩和医療だ。であるから、医師、薬剤師、看護師、栄養士、臨床心理士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど様々職種がチームを組んで医療にあたる。

今日の講義のテーマは家族の痛みのケア。患者さんが亡くなった後の、家族に対するグリーフケアをどうするかという問題。

Griefとは深い悲しみの意味。悲しみの中では度合いの大きい部類で、死別による悲しみなどを意味する。患者さんの苦しみは死によって終わるが、残された家族の悲しみはそこでは終わらない。家族はその悲しみとどう向き合うのか、グリーフをどう処理するのか。

日本にはお葬式の後に初七日、四十九日、一回忌などを行う習慣がある。これも残された家族のためのグリーフケアである。

いわれてみれば納得。死んだ人には法事の有無などわからないハズ。明らかに残された人のための行事だ。

講義では例題文から痛みを緩和するための処方を考え、さらに、退院時処方をどうするかという問いにつなげる。最後に、家族のグリーフケアをどうするのか考える。

えぇ!それは臨床心理士さんの仕事では?という疑問がないでもない。患者さんから相談を受ける。これは薬剤師として現場で直面する問題で、「それは臨床心理士さんに聞いてくれ」と投げるのはダメな行為だそうです。

この年になると親の死を含め身近に死を実感する。臨床薬学特論という講義の中の薬剤師になるためというくくりではなく、人が持つべき人生のスキルとしてグリーフケアを身につけておきたい。

さて、この緩和医療の講義は例題の設定が生々しく、設定患者さんに共感した瞬間に涙腺がウルッときて困る。加えて講義最後にビデオを見せられるのだが、先週は

http://www.youtube.com/watch?v=y8OCgZGB0hA

を、今週は

http://www.youtube.com/watch?v=zb35TtsQncU

を見せられた。講義室のライトが消されたからよかったものの、明るかったら醜態をさらすところである。

100日連続ブログ更新挑戦中。34日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »