« 論文再提出 | トップページ | プリンターケーブル »

2012年10月16日 (火)

薬ゼミの模擬試験

9月下旬に薬学ゼミナールの薬剤師国家試験模擬試験がありました。その結果を本日受け取ったわけですが、結果を見てびっくり。結果は自己採点より6点も高い。問題の不備による解なしで+1、自己採点のミスで+5点です。

プラスだからいいものの、自己採点より本当の結果がマイナスだったらシャレになりません。本番の結果を自己採点して合格かと浮かれていたら、不合格通知しか来なかったということもあり得ます。

自己採点のシミュレーションも含めての模擬試験です。

同様に、最近はテスト慣れしていませんから、長時間椅子に座って集中するというのも模擬試験の一つの目標。

本番の国家試験は2時間から2時間30分のコマが、6コマ、2日がかりの試験です。しかも、聞くところによると試験時間前の説明が30分ほどあるといいます。3時間おしっこを我慢して、2時間30分集中する必要があります。

今回の模試では、開始直前に実験を切り上げて講義室に行けばよいというラフな実施でした。自分なりの目標では、本番を意識し試験時間最後まで見直しをするというポーズをとっていたのですが、それも初日だけ。2日目になるとさすがに飽きてきます。サッと解いてラボに戻り実験、実験。

どのコマでも自分より後に残って試験に取り組んでいる同級生がいました。頭の下がる思いです。

肝心の結果のほうですが、必須問題全体で足切り、一般問題の薬理で足切り、総合得点では不合格でした。

|

« 論文再提出 | トップページ | プリンターケーブル »

薬剤師国家試験プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/55904418

この記事へのトラックバック一覧です: 薬ゼミの模擬試験:

« 論文再提出 | トップページ | プリンターケーブル »