« 病院実務実習:八日目の夜 | トップページ | 病院実務実習:九日目の夜 »

2012年11月24日 (土)

病院実務実習:九日目

Staphylococcus epidermidis といえば表皮ブドウ球菌。epidermalが“表皮の”という形容詞だからなるほどな、である。Staphylococcus aureus は黄色ブドウ球菌。エンテロトキシンという毒素を出し、感染症の原因菌ともなる超悪玉菌である。院内感染でしばしば問題となるMRSAはMethicillin-resistant Staphylococcus aureusの頭文字でメチシリン耐性黄色ブドウ球菌。何かとやっかいな菌なのだが、なぜaureusなのか、黄色なのか。

辞書を引いてみるとaureusは古代ローマの金貨のこと。それで黄色なんだね。

さて、病院の朝は早い。朝食は7時。しかし、病院内の階によって配膳カートの到着する時間が違うようで、自分の病棟では6時45分には看護師さんが朝食を配っている。

早い。

自分は、普通に大学に通っているときには5時30分に朝ご飯を食べているからそれに比べたら遅いけれど、世間一般的には早いよね。

作っている栄養士さんはもっと早い時間から作業しているわけだけど。

|

« 病院実務実習:八日目の夜 | トップページ | 病院実務実習:九日目の夜 »

入院生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/56178346

この記事へのトラックバック一覧です: 病院実務実習:九日目:

« 病院実務実習:八日目の夜 | トップページ | 病院実務実習:九日目の夜 »