« 薬剤師国家試験対策、再始動 | トップページ | なかなか進まない »

2012年12月 8日 (土)

物を売るということ

当ブログでは政治とエロと宗教の話題はご法度である。今日の記事も一見すると政治的内容かと思われるが、決してそうではない。

衆議院選挙が次の次ぐらいの日曜日に迫ってきたわけだが、二大政党の党首によるプロモーションビデオを比べてみた。

30秒ほどの短い内容なので文字に起こしてみる。断り無きは党首のせりふである。

まずはA党1)

-----------
野田 佳彦です
この国の総理に就任して1年余り
わかった事がひとつあります
結局大事なことは決めることでした
自分で責任を持って決断する
そのことだけで物事は大きく動き出します
日本のことも人生のことも動かすのは決断です
【字幕】動かすのは決断。
【字幕・ナレーション】今と未来への責任、A党
------------

そしてB党2)

------------
世界をリードする技術力を持ち
豊かな教育を受け
誰もが安心して生活できる
それが本来の日本の姿です
取り戻す
【字幕】経済を、取り戻す。
取り戻す
【字幕】教育を、取り戻す
取り戻す
【字幕】安心を、取り戻す
日本を、取り戻す。
【字幕】日本を、取り戻す。
皆様とともに、総力で、B党
【字幕】日本を、取り戻す。B党
---------------

A党とB党のこれまでの業績や選挙公約はひとまず横に置き、このプロモーションビデオを観てどちらに投票したくなるだろうか。

間違いなくB党。A党もすごく重要で、もっともな事を主張している。しかし、自分の党に投票してくれたら貴方にこんなメリットがありますよと訴えかけてくれるのはB党だ。

人間は利己的なものだから、損得で行動を決める。ほとんどの人は得られるものが大きいほうに投票するよね。

卒論や修論の発表で大事なのは研究の目的。「自分が何を目的にして実験しているのか。その実験をすれば何がわかって、それがどんな役に立つのか」ってことを冒頭でバーンとクドイぐらいに強調しておかないと、質疑応答でボコボコに突っ込まれる。研究のモチベーションなんか、本来は「教授がやれと言ったから」なのだが、それでは狼の餌食だ。もっともらしい研究の理由を説明しなければならない。

選挙のビデオもそれと同じで「有権者のために自党がどう役立てるのか」、これを伝えないとだめでしょう。

一応、台詞を起こしたプロモーションビデオの出典のリンクを張っておきますが、生ものなのでいずれ消えると思います。

1) http://www.youtube.com/watch?v=lbhwhG3XGXI&feature=player_embedded

2) http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=S5rhUHmPbZc

|

« 薬剤師国家試験対策、再始動 | トップページ | なかなか進まない »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/56280128

この記事へのトラックバック一覧です: 物を売るということ:

« 薬剤師国家試験対策、再始動 | トップページ | なかなか進まない »