« ラストスパート | トップページ | 送別会 »

2013年3月 5日 (火)

今日は近医を受診。今月末に引越しするので、紹介状を書いていただいた。それを待つ間に廊下の椅子に腰掛けている時に、病院実務実習中の薬学生が指導薬剤師の後ろを歩いていく様子を見かけた。

がんばれ五年生。実務実習中に学んだことが国家試験の実務問題で役に立つぞ。

それにしても、胸に大学名の刺繍された白衣はかっこいいな。

受診後に医院の近所のラーメン屋へ。10年以上この地に住んでいて初めての訪問である。ネット界では有名な「六五六」というお店。入り口に暖簾なし、店内にメニューなし、営業時間の表示もなしというお店。メニューはちゃんぽん麺ただひとつ。

11時30分ぐらいだっただろうか、店内には先客二人。とりあえず、カウンターに座って店主と顔を目線を合わせにっこり微笑む。おっちゃんも笑っていたから、頑固親父タイプの店主ではない。味にはこだわりがあるのかもしれないが。

水が出てこないので、自分でサーバーからコップに汲む。あれ、自分の次に入ってきた常連さんには店主が水を出していた。勝手なことをして良かったのだろうか。

オーダーはしていないが、店主は黙々とちゃんぽん麺を作り出す。完成の直前にカウンターに100円玉が置かれた。どうやらこれがつり銭らしい。暗に値段が900円と言っているのだろう。

すぐに1000円を出すべきなのか、食べてから支払うべきなのか迷うが、ぐずぐずしている間にちゃんぽん麺が出てきた。

味はリンガーハットの野菜ちゃんぽんとはまったく違う。もやしがシャキシャキだ。コショウが強め。とんこつスープの色も濃い目。イカとチャーシューの切り身とチクワ、野菜がたっぷり。麺はつるつるの太麺。

これはうまい。

量大目だがツルツル食べられた。

結局、千円札を出してゴチソウサマと言った以外、一言も発せずに900円のちゃんぽん麺を堪能したのだった。

|

« ラストスパート | トップページ | 送別会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/56894373

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ラストスパート | トップページ | 送別会 »