2012年5月29日 (火)

ワニ博士は男の子

吹田キャンパスで暮らしていると、豊中キャンパスの事情に疎くなる。今日、たまたまボールペンを買いに入った豊中の生協で、ワニ博士を発見した。

しかも、大!

Dscn906401wani

ワニ博士についてはたびたびこのブログでも紹介したが、今回のワニ博士は大サイズ。今までは非売品とばかり思っていたこのサイズが、豊中の生協で販売されている。

なぜ、吹田の生協には置いてないのか。豊中キャンパスでの講義を受講していなかったら、販売に気がつかず卒業してしまうところだった。

ディテールを見てみよう。サイズは高さ約60cm。過去の特大ワニ博士は腹に実践センターのロゴが縫い込まれていたが、今回のワニ博士はブレザー着用。胸の合わせから考えて、男の子である。この服がまた可愛い。作りもしっかりしている。ネクタイ着用で男前。

Dscn906803wani

顔をアップにしてみれば、お目々がぱっちりしていて可愛いね。

気になるのはそのお値段。

Dscn906702wani

一万六千円。ワニ博士の目のように目玉が飛び出る値段だが、その大きさから考えれば妥当な値段だろうか。ただし、あのブレザーのような衣類は含まれない。生協の方に聞いたところ、相談すれば特注で服も作ってもらえるという。おおよそのお値段は3-4万円とのこと。

ひぇー。

おなかに刺繍をすることも可能だとか。作成会社と相談してまずは見積もりから。“ドクター・シュナッペル”とでも縫い込んでもらおうか。

目の飛び出る値段だが、今月から2,000円ずつ貯めよう。来年頭には購入できるな。

100日連続ブログ更新挑戦中。31日目。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

豊中キャンパスが変わってる

昨日の朝は千里中央からモノレールで柴原駅へ。豊中キャンパス直近は柴原門だが、久しぶりに来てみたら、そこがリニューアルされている。2007年に浪速大学に入学した当時は閉鎖された駐輪場だったところだ。

Dscn901301gate

古い柴原門も残されているようだから、刀根山方面へ中環を渡る歩道橋へのアクセスはそのままだ。

中央図書館前にある再履バスの停留所には屋根が設置され雨でも濡れずに待てる。一年も経つといろいろと変わるものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

工務店なみに仕事が速い

浪速大学の助教先生が傷害致死容疑で本日逮捕されたというニュース。タイムスタンプが

(2012/03/15-17:32)

なのだけれど、22:35の段階で研究者総覧からリンクがハズされている。検索しても出てこない。歯学部のサイトも同様。名前は残っているがリンクは切られている。

仕事が速いぜ、浪速大学の広報は。それ専門に即応できる人員をそろえているんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

きちんと引用しようよ

図書館とは著作権に厳しいところである。館内の資料をコピーするためにコピー機が備えられているが、それを使って複写できるのは館内の資料だけである。持ち込んだ自分のノートをコピーするのはダメ。館内の本のコピーでもおおむね半分以下とコピー範囲に制限がつけられている。しかも、コピー部数は一部だけ。これも著作権の絡みで厳しくきめられている。友達の分もと思ってコピー部数を1以外に設定しても無理だ。館内のコピー機の設定が1部に固定されている。

そんな著作権には厳しい浪速大学附属図書館理工学分館が未来の猫型ロボットをテーマにした企画展示を開催中。下の図はその案内のスクリーンショット。タイトルのフォントがおしゃれである。このフォントを作った人のドヤ顔が思い浮かぶ。

20120104doraemon

2012-Jan-04 12:20のスクリーンショット

背景に描かれている薄青色のシルエット。これはだれがどう見てもドラえもん。日本人の99.9%以上の人がそう認識できるだろう。それならそうと、「あの」ロボットとは書かずに、原作者名からきちんと表示したほうがよいのではなかろうか。それが著作者に対する敬意というものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

本日開催、学際融合教育シンポジウム

本日、吹田キャンパスの銀杏会館にて学際融合教育シンポジウム「変革の時代における大学院での学び-複眼的視野と学際的視点の涵養-」が開催されます。

詳しい内用は大学のサイト学際融合教育研究センターの案内をお読みください。当日参加もOKということです。プログラムには記載されていませんが、17:30から無料の懇親会が開催されます。副専攻プログラム・高度副プログラムに興味のある方は参加OKらしいので、いろんな人とおしゃべりする機会が欲しい人は懇親会だけでも参加してみてはいかがでしょうか。

シュナッペルはタダメシをいただきに、懇親会だけ参加しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

個人情報漏洩なのか?

Dsc_432501board 

浪速大学医学部医学科の掲示板である。オープンスペースに設置されている。国立大学法人は私立大学に比べて地域に開かれた大学なので、散歩する近所の人も見かけるし、朝夕の通学路として利用している高校生も目にする。大学自体を目的地として入構してくる業者さんもいれば、付属病院に来られる患者さんもいる。不特定多数の方が歩いているキャンパスだから、写真のような掲示板は万人の目にさらされていると考えたほうがよい。

この掲示板をウォッチしているとなかなか有益な情報が得られる。奨学金や授業料免除、健康診断など他学部の学生でもリマインダーとして重要な情報などなど。

そうそう、そろそろインフルエンザワクチン接種の時期だね。この掲示板を見て思い出したよ。

もっと面白いのは定期試験の結果だ。その告知方式には三種類が存在する。試験にパスできなかった人の学籍番号を掲示するもの、学籍番号とともに氏名を掲示するもの、それに加えて試験の出来具合を掲示するものである。

個人情報の保護がうたわれて10年ぐらい経っただろうか。その認識も社会に広く浸透している。医学部の付属病院で個人情報が漏洩したら大問題である。それなのに学部の試験成績の結果はだだ漏れの掲示板に張り出されている。このギャップ。

漏洩ではない、意図的に知らしめているとしか思えない。

追試の告知が張り出されたらデジカメで撮影している。20年、30年が過ぎて自分がヨボヨボになった時、お世話になるドクターが浪速大学医学部医学科卒業であるかもしれない。その時には「先生、○○の追試は難しかったですか」と、世間話をしてみたいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

グッバイ、ジョブズ

スティーブ・ジョブズがアップルを去るそうです。

パソコンはWindows派の私ですが、携帯音楽プレーヤーはiPod。iTunesは使いにくいけれど、ハードは良い。もう一台新しいヤツを欲しいな。こんなアンチマックの自分にも訴求力がある製品を作り出すのだからやっぱりすごい。

二十年ほど前、彼は基礎工横のΣホールでNeXTに関する講演をおこないました。講演途中のスライドでは彼の生まれたばかりの赤ちゃんが映されました。よほど嬉しかったのでしょう。ジョブズよ、残りの人生は家族とゆっくり暮らしてください。

Dscn847301jobs

ジョブズの直筆サイン入りの何か。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

オープンキャンパス、行かなくてもいいよ

明日は薬学部のオープンキャンパスだそうで、学部内では方々で準備が進んでいた。時代の流れは情報公開だから、受験生向けの説明会は大学的には進められることなのだろうが、個人的には大反対。

負担が大きすぎるし、意味がない。

数年前におこなわれた大学法人化で大学職員も減り、オープンキャンパスのための雑務を投げ出された事務の方々の負担は激増。結果、その仕事が学生に回ってくる。修士一年生はほぼ全員が何らかの仕事を割り当てられているようだ。博士課程の学生さんは研究室の説明のため、明日一日時間が取られる模様。自分は学部生なのでコマンドを受け取ってはいないからまだ良いが。

修士課程の人も博士課程の人も自分の研究を進めたいだろうに。自分の研究室を紹介するなら納得できるが、謝金ももらえずに学部の仕事をやらされる修士課程の学生はたまったものではない。

学生が全入できるレベルの大学なら、学生呼び込みのために大学をアピールする必要があるだろう。同じ事が偏差値で大学を選ぶような生徒さんたちに必要なのか?

そもそも、1日大学を見学したぐらいでは、大学選択の参考にはならない。浪速大学クラスの大学なら、見学無しで入学しても大丈夫。どの学部でも一定水準のレベルだから、本人のやる気さえあれば、どの学部でもどの研究室でも充実した大学生活を送ることができるだろう。見学する必要はないよ。

本当の大学生を知りたかったら、オープンキャンパスではなく、実際に学生が受けている講義をモグリで聴きに行けばよい。教室の大きさは学生数に対して適当か、後に座っている学生もまじめに講義を聴いているか、教壇の上の教授に熱意はあるのか。模擬授業を聴いたところで、ファストフード店のカウンターに掲げられているメニューを見るようなもの。裏切られるだけである。

そして二つ目のアドバイス、学部、学科によっては取得できる資格が異なるので注意。薬学部の場合、薬剤師国家試験の受験資格が得られるのは六年制の薬学科だけ。四年制の薬科学科でも、修士課程2年終了後に2年間追加講義を受ければ受験資格が得られる経過措置がある。これ非現実的。薬剤師になりたかったら最初から薬学科を受験するように。

医師になるなら医学部医学科な。保健学科じゃないからね。

噂では、明日の薬学部オープンキャンパスには約三千人の見学者が予定されていると聞く。高校生よ、そんなに人混みに行きたいのか?薬学部なら入学してもそう大きな間違いはないところだ。安心して志望校に選んで欲しい。そして、明日のオープンキャンパスにはあまり来ないで欲しい。

みんな準備で大変なのよ。

この記事はあくまで個人的な意見です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

WebCTの仕様が変わった?

浪速大学の学習支援システム、WebCT。ひさしぶりにアクセスしてビックリ。ステム変更になった?

コース一覧から受講科目をクリック。左カラムのコースコンテンツに“名簿”の項目が。そこをクリックすると、教員や学生の基礎データが表示される。

その講義を受講している学生のユーザー名に学籍番号、漢字氏名にアルファベットで姓と名を知ることができる。学科の欄も表示されているが、そこは空白。もっとも、2007年度以降の入学者なら学籍番号から容易に学部学科・研究科を推測できるが。入学年度もわかるから学年も計算できる。

名簿の一覧は昨年度までできなかった機能である。これがWebCTの新しい実装なのか。

さて、この基礎データどうしてくれよう。自分には悪用の方法がわからない。せいぜい、ユーザー名に@ecs.cmc.osaka-u.ac.jpを加えるとメールが送れるぐらい。送ったところで相手が読まなければ意味がない。

しかし、技術のある人がこれを手に入れると、“最初の一歩”を踏み出すことが可能になるのだろう。あんまり知られたくない情報であるし、知りたくない情報でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

人間、笑顔が一番

浪速大学は今年で80周年。思ったより短い。全国の国立大学の中には100を超える周年を終えた大学もあったと記憶しているが。

そんなこんなで今年は80周年記念事業が目白押し。写真はそれらが記載されているパンフレットである。

Dscn84280180th

表紙をめくってみると、学生を中心とした大学関係者の顔写真が多数掲載されている。おぉ、クラスメイトの写真も二枚あるではないか。

お二方とも笑顔が良い。スパークしている。見ていて清々しい。

このプログラム、どこで手に入れられるかちょっとわからないが、クラスメイトの皆さん、是非チェックしてみて。

Dscn84300180th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧